膨らみタイプのお団子ヘアの作り方

お団子ヘア 膨らみ型

お団子ヘアといっても2種類の作り方があります。今回は真ん丸いお団子がきれいにできる、膨らみ型のお団子ヘアのやり方を紹介します。

お団子ヘア 膨らみ型の作り方

髪を巻いておく

この巻き髪お嬢ちゃんにお団子ヘアをつくる

このように軽く髪を巻いておくと、お団子にボリュームがでてかわいいお団子ヘアに仕上がりやすくなります。ちょっと時間がかかってもいいって方は軽く巻いてからお団子ヘアをおつくりくださいませっ

髪を束ねて持ちクシでまとめる

髪を束ねて持ちクシでまとめる

バックの髪を束ね、ブラシ(クシ)を使って髪を上に上に上げていきます。きれいな後頭部を見せるにはこのブラッシングが重要。丁寧に髪をときましょう。

今回クシを使ってますが(←忘れた。。。)、ブラシでやった方がブラシの先端が地肌まで届きやすく簡単です。

美容師だから、ギリギリくしでもできますが、やっぱりブラシを使った方がいいっすね。

サイドもくしでとく

後ろが終わったらサイドもくしでとく

バックの髪をといたら、次にサイドも同様にしたから上にブラッシングして髪を上に集めていきます。片方が終わったら逆サイドも同じようにブラシをかけましょう。

バック、サイドとわけると簡単です。いっきにバック、両サイドをもちブラシをかけてもいいんですが、髪の量が多いとちょいと難しい。そういう時には今回のようにバックをやってからサイドをするなど箇所をわけてやった方が簡単です。

頭の一番高い位置で髪を束ねる

頭の一番高い位置で髪を束ねる

こんな感じでまとめたら、根元の方をゴムでしばります。

根元をゴムでしばる

根元をゴムでしばる

今回は、根元をゴムで縛るといっても、ぽんぽんつきのかわいいワンポイントゴムを使ってみました。

根元で髪を巻きつける

根元で髪を巻きつける

髪の先端をくるっと根元に巻きつけます。そして先端はヘアピンでとめておきましょう。

ヘアピンでとめる

お団子のふちをヘアピンで留めるときれいな形になる

このままだと不恰好なキノコ(笑)なので、お団子のふち(外側)を軽くしたにつぶしヘアピンで何箇所かとめるとあら不思議、『キノコ→お団子』へと変化するじゃないですか。

写真にあるようにヘアピンでとめたら、指先でお団子ヘアを少量つかんでは外に軽く引き出してあげる事でお団子にボリュームを出していくことができます。

お団子ヘア 膨らみ型の出来上がり

きれいな形のお団子ヘア

丸い丸いお団子ヘアの出来上がり。今回のは整ったお団子ヘアができるからいいですね。私が通っているジムの女の子でもお団子ヘアは意外と多い。髪をきっちり束ねれるから動いてもジャマにならずいいんでしょうね。

まん丸のかわいいお団子のできあがり

このお団子ヘアは、お団子の中央からお花が咲くように髪が広がっているのが特徴的です。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP