四つ編みの作り方

三つ編みはみなさんよく知っている編み方ですが、『四つ編み』って知ってます??三つ編みと比べて網目が規則正しく見えてちょっとボリューム感もあります。ヘアアレンジのスパイスとして四つ編みを組み込んでもいいでしょう。

四つ編みの手順

髪を左右にわけます

髪を左右にわけます

髪を左右二つに分けましょう。手にとる髪の量としてはいつもする三つ編みと同程度、もしくは少し多めくらいでOKです。

左右の髪を更に二つにわけます

左右の髪を更に二つにわけます

左右の髪を更に二つずつわけ、上の写真のように片手に三つ、片手に1つの毛束を持ちます。ここから四つ編みのスタートです。

上の髪を小指ですくう

上の髪を小指ですくう

写真のように、左手の親指と人差し指で持っていた毛束を反対の手の小指ですくいます。

左手の下の毛束を中指でとります

左手の下の毛束を中指でとります

次に左手の下の毛束を反対の手の中指ですくいましょう。

中指の上にのっている毛束

中指の上にのっている毛束

そうすると、写真のように左手は中指の上に毛束が残る形になります。

人差し指の上に毛束を持ちかえる

人差し指の上に毛束を持ちかえる

それを画像のように髪を人差し指と親指の間に持ち替えます。

一番上に置いている毛束をすくう

左手の小指で反対の手の一番上の毛束

左手の小指で反対の手の一番上に置いている毛束をすくいます。

中指で下の毛をすくう

中指で下の毛をすくう

次は左手の中指で反対の手の一番下の毛束を救いましょう。

最初の編み込む状態

最初の編み込む状態

この段階で最初の編み込む状態の持ち方に戻りました。という事は。。。

ひたすらこの編み込みをしていく

最初と同じように小指で毛束をすくう

最初と同じように右手の小指で反対の手にある一番上の毛束をすくいます。あとはひたすらこの編み込みをしていく事で四つ編みが完成に近づいていきます。

四つ編みを先端ま編み込んでいく

四つ編みを先端ま編み込んでいく

編みこみを繰り返し、先端までしっかり編み込んでいきます。最後はゴムで縛って四つ編みの出来上がり。

四つ編みの完成

四つ編みの出来上がり

最後まで編み込む事で四つ編みの出来上がりです。四つ編みは写真のように規則正しい編みこみができます。三つ編みと比べてどう違うのかわかるでしょうか?

三つ編みと四つ編みの違い

左が『三つ編み』、右が『四つ編み』です。左の三つ編みがスタイリッシュな感じで少し細めというのに対し、右の四つあみは少し網目に膨らみがありボリュームが三つあみに比べてでやすくなります。そして編み目が左右対称で三つ編みと比べると編み目の違いってやつがちょっとわかるかもです。

四つ編み単品ではなく、髪型のアレンジとして使うと、いつもは三つ編みで作っていたヘアアレンジもちょっと違った印象のヘアアレンジになるかも。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP