ポンパドール風編みこみの作り方

編みこみを使ってポンパドール風のヘアスタイルのやり方を紹介します。編み込んでポンパドール風に仕上げるので通常のポンパドールより動きがでて面白い。

ちょっと粗めに髪を編み込んでいくのがポイント。いつもと違うポンパドールもたまにはいいかも。ぜひお試しください★

ポンパドール風編み込みの作り方

コテでボリュームを持たせる

コテでボリュームを持たせる

上の写真のように、最初の方で軽くトップの髪を浮かせてあげると編み込みがしやすくなり、あとで編み込みポンパドールを作った時にボリュームが出やすい。

髪質にもよりますが、髪がサラサラでストレートな人ほど、髪自体の摩擦がなく編み込みがやりにくくなります。そういう時は軽くアイロンで巻いてあげると髪にひっかかりができて編みこみがしやすくなります。

コテを使った後は髪

コテを使った後は髪にボリュームが

先ほどのように、髪をアイロンで軽く立ち上げると今回の写真のようにトップにボリューム&クセをつける事ができます。トップにボリュームを持たせるだけで雰囲気が変わったりするので、今回の編みこみポンパドールに限らず、いつものヘアスタイリングでも使えるテクニックでしょう。

編みこみをしない部分は、ダッカールなどで留めておくと編みこみがしやすいです★

編みこみをする

編みこみをする

今回、前髪を少し残して編みこみポンパドールを作ってみました。編みこみはちょっと広めでやるのがポイント。いつも作るポンパの広さくらいに編みこみができるよう調節します。

編みこみを最後

編みこみを最後まで

編みこみの形が三角形になるよう後ろ側を細くして編み込んでいきます。写真のように最後の部分はゴムでしばっておきましょう。

ラストにヘアピン

ラストにヘアピンで固定

最後に編みこみ部分が崩れないよう、ヘアピンで固定します。これでヘアスタイルが崩れる心配なし★

編みこみの形

編みこみの形

先ほどもいいましたが、編みこみの最初が太く、そして最後に編み込んでいくにつれて細くなるようにします。写真のような形になるとGood。

ポンパドールの大きさ

ポンパドールの大きさ

ポンパドールの編み始めは、このくらい広めに仕上げれるようにしましょう。ある程度広く編んでおかないとポンパドールっぽさがなくなっちゃいます。

編みこみポンパドールの出来上がり

ポンパドールの大きさ

ポンパドール風編みこみを横から見ると、いつものポンパドールと違って複雑な形に仕上がっちゃいます。ポンパ好きなら覚えておきたいヘアアレンジです(笑)

大人っぽい編みこみポンパドール

編みこみポンパドールっていっても、決して奇抜なヘアアレンジでもなくごく自然に使えるヘアアレンジなんで普通にショッピングに出かける時とか学校、仕事場とかでも使えちゃいます。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP