ミディアムで作る巻き髪ヘアアレンジ

ミディアムで作る巻き髪アレンジ

巻き髪をミディアムヘアーで作ってみます。ただ同一方向に巻き髪を作るとちょっと味気ない巻き髪になっちゃう。

今回はいろんな方向から髪を巻いて作る巻き髪ヘアの作り方を紹介♪巻き髪は髪の長さに関係なく基本は同じですのでロングヘアーの方でもこちらのまき方でいつもとちょっと違う巻き髪を作れるかも

ミディアムで作る巻き髪ヘアアレンジのやり方

巻き髪の前にダッカールで髪束を固定

巻き髪の前にダッカールで髪束を固定

アイロンで髪を巻く前に、巻き髪を作る箇所をダッカールなどを使ってブロック分けしましょう。こうする事で余計な髪をつかむ事がなくなるので髪を巻きやすくなる。

まずサイドとバックで髪を分け、バックは画像のように後頭部のあたりで折り返し固定しておきましょう。

バックは上と下にわけて巻く

バックは上と下にわけて巻く

コテで巻き髪を一気に巻かず、バックの髪を上と下にわけて二段階で巻きます。

画像は上側を巻いている様子。上側を巻くときは根元から巻くのではなく画像のように中間から巻いていきます。逆に下側の髪の毛は根元から巻いちゃいましょう。

アイロンでの巻き方向があって前側に巻くようにします。

ミディアムヘアで巻き髪を作った感じ

ミディアムヘアで巻き髪を作った感じ

画像のように巻き髪が仕上がります。巻き髪の位置を変えたり、上と下で分ける事で髪の毛に複雑な動きが動きがでてくる。

反対側も同じようにコテで巻き髪を作ってあげましょう。

トップヘアは軽くコテでクセ付け

トップヘアは軽くコテでクセ付け

トップヘアを留めていたダッカールを外し、画像のように軽くクセ付けします。

アイロンであまりクセをつけないように

アイロンであまりクセをつけないように

スーと引き抜く感じで軽くトップヘアにクセ付けするわけですが、あまり長くしないように注意。ちょっとクセがつきすぎてしまいます。

サイドヘアをアイロンで巻く

サイドヘアをアイロンで巻く

耳の真上のサイドヘアも同様に前に巻き癖がつくようアイロンで巻いていきます。

巻き髪を内巻きに作る

巻き髪を内巻きに作る

次も前に巻きぐせ。。。じゃなくてサイドヘアのトップに近い髪は画像のように内側に巻いていきましょう。

このように巻き方に変化を付ける事でいつもの巻き髪と違った印象に。

サイドの巻き髪完了

サイドの巻き髪完了

バックヘアとサイドヘアが巻き終わるとこんな感じで髪の毛がセットできます。

前髪にもアイロンでクセ付け

前髪にもアイロンでクセ付け

画像のように前髪を取り、前髪にもアイロンで軽くクセ付けをしてしまいましょう。

アイロンで外側に巻きます

アイロンで外側に巻きます

アイロンで前髪を外側に巻きつけます。顔が近いのでアイロンで火傷しないよう注意しましょう。

巻き髪を作る

巻き髪を作る

外側に向けて巻いてあげるだけで画像のような前髪の流れが作れます。

でもこれで巻き髪ヘアアレンジを終えるとトップヘアあたりのボリュームが少ない気がする。そこで次はトップにボリュームを持たせてみよう。

トップにヘアスプレーをする

トップにヘアスプレーをする

トップヘア表面を画像のくらいの量を取り軽くヘアスプレーをしましょう。

盛り髪をつくるため逆毛をたてる

盛り髪をつくるため逆毛をたてる

髪のボリュームアップのため盛り髪を作ります。写真のようにクシを使って中側に逆毛をたてます。

トップヘアの表面をなじませる

トップヘアの表面をなじませる

逆毛を立てっぱなしだと、表面の髪が汚くみえる。そこで表面の髪だけ軽くクシでといて整えてあげましょう。

全体にヘアスプレーをして崩れにくくしてあげる

全体にヘアスプレーをして崩れにくくしてあげる

ラストにヘアスプレーを全体にして崩れにくくして出来上がり。

ミディアムで作る巻き髪ヘアアレンジの出来上がり

巻き髪アレンジの出来上がり

巻き髪アレンジの出来上がり。髪の巻く位置、髪の巻く方向などを混ぜてあげるだけで画像のような巻き髪ができます。

バックもこのくらい巻いてある

巻く位置を調整したからバックは全体巻き髪ではなく下側のみ巻いた感じになっています。

サイドヘアーの巻き上がり

前側にアイロンで巻いていったから画像のような髪の流れができます。髪に流れができて素敵ですねー。トップにもちゃんとボリュームがでていいシルエットができました。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP