編みこみで使うヘアゴムを内側に入れて隠す方法

編みこみをする時って、編み込みがほどけないように先っちょをヘアゴムで縛りますよね。でもヘアゴムが見えていると見た目に微妙・・・

そんな時は、ゴムを髪の内側に隠しちゃえばいいんです☆編み込みさえできれば、とても簡単なヘアアレンジテクニックだけら覚えといて♪

ヘアゴムを髪の内側に隠しちゃうやり方

ロングガールもしくはミディアムガール

ロングガールもしくはミディアムガール

編みこんで、髪の内側に隠すからある程度の髪の長さは必要。ロングヘアはもちろんできるし、ミディアムヘアでもできるでしょう。ショートヘアは・・・やり方によってはできるかなな☆

編みこむ位置は耳の上

編みこむ位置は耳の上

写真のように、頭の中心から編みこんでいきましょう。位置でいうと耳から上に上がった位置です。

表編み込みで

表編み込みで

表編み込みをまっすぐ下に向かってやっていきます。表編み込みが分からないって人は『ココ』を見てね。(←いま改めてみてみるとちょっとやり方がわかりずらいかも。また今度撮影し直そうっと♪)

最後は三つ編み

最後は三つ編み

耳まで表編みこみで編んだら、あとは三つ編みで編んでいきましょう。ロングヘアの子だったら編みこみは↑の画像の位置くらいまででいいかな。別に最後まで編みこむ必要はないです。

ヘアゴムが丸見え

ヘアゴムが丸見え

編みこんでヘアゴムをするだけじゃ、写真のようにゴムが丸見えなんですよね。これをなんとかしようってのが今回のヘアアレンジなんす!といってもアレンジって言うほど難しくはないけどね。

編みこみを耳の後ろへ

編みこみを耳の後ろへ

画像のように、編みこみを耳の後ろにかけてしまいます。

そして耳の後ろあたりでヘアピンで編みこみを留めてしまいましょう。2本ほどで十分に固定できるはず。

ヘアピンで編みこみを留めたら、後ろの髪をさらっと横に流してあげよう。これでヘアゴムが完全に隠れちゃいます。

ミディアムヘアだと、髪を横に流すのが若干難しかったりします。そうするとゴムが見えちゃったりする事があるので、ゴムを後ろ髪の内側にもっていきヘアピンで固定しちゃおう。すると大丈夫☆

編みこみのヘアゴムが隠れたらこうなる

さらっと髪を横に流してあげよう

編みこみを横に流す

髪を肩にかける感じで横に流してあげたら、編みこみは完全に見えない♪とても自然な印象の髪型ですねー。

リボンをつけてみよう

リボンをつけてみよう

ちょっと物足りないって思ったら、アクセサリーを使ってみよう。今回は黒のリボンを付けてみた。付けてないときと比べて、かわいい感じになりましたね☆

髪の内側はこうなってます

髪の内側はこうなってます

横に流した髪を上にあげてみるとこうなってます。ただゴムを髪で隠しているだけのアレンジなんですねー。簡単なアレンジなんで是非覚えておいてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP