ポニーテールをしばるゴムを髪で隠す方法

ポニーテールを作るには、ゴムがつき物。根元をゴムで縛らないとできないですもんねー。そこで本日は、根元のゴムを髪で隠しちゃう方法を伝授しますっ!

まぁ、伝授するというほど難しいアレンジテクニックでもないので、ポニーテイル好きのみなさんぜひこのアレンジを覚えておいてください。

ポニーテイルのヘアゴムを隠すやり方

髪が長い方が簡単

髪が長い

ゴムを髪で隠すわけですが、当然髪が長いほうが有利というか、うまく隠せる。そして髪の量が多いとよりゴムが隠しやすいとのことです。

ちなみに、コチラのモデルさんは、ロング&髪の量が多いから、今回のゴム隠しアレンジがやりやすい頭にはなりますね。

ポニーテールを作った時のゴムが見える

ポニーテールを作った時のゴムが見える

どうしてもポニーテールを作ると上の画像のような、ゴムが丸見えちゃいます。まぁポニーテイルだから見えて当然といったら当然です。最近ではシュシュで隠しちゃうって方も多いですよね。

それを今回は髪でかくしちゃうってわけです。

前側の髪を取る

前側の髪をとりましょう

画像のように前側の髪をとりましょう。画像を見ての通りですが、ポニーテールを作る時、この髪までまとめないよう注意しようね。

今回、前側からとったわけだけど、別に襟足の髪をわざと残して、それを使ってもOKです。

下からくるっとまきつける

下からくるっと巻きつける

ポニーテールの根元を巻きつけるように、ポニーテールの下側から回していきましょう。そして矢印のようにポニーテイルの根元にグルグルと巻きつけていきます。

ロングだったら2回転ほどいけるかな。ミディアムヘアだったら、たぶん一回転程度。一回転だと十分に隠すことができないこともあるから、ゴムが巻かれているとこを中心にして髪を巻きつけよう。

根元をピンで固定

根元をピンで固定

ポニーテールの根元に、髪をくるくる巻きつけたら、最後にヘアピンで固定して出来上がり。たったこれだけで根元のヘアゴムを隠せるんです。

ポニーテイルのゴムを隠した出来上がり

巻きつけて隠す

ゴムを隠す

ご覧のように、ポニーテイルの根元のゴムを十分に隠すことができましたね。ロングヘアだと2回転できるので十分すぎるくらい余裕で隠せます。

髪の流れに沿って

髪の流れにそって

前側から後ろに髪をもっていきゴムを隠したわけですが、髪の流れがポニーテイルの髪の流れと一緒なので全然目立たないですよね♪

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP