ポニーテールで作る巻き髪ハーフアップアレンジ

ポニーテールで作る巻き髪ハーフアップアレンジ

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジは、遊び心があってそれでいて華やか。

髪全体にアイロンで巻いて、毛先に十分動きを作ってポニーテールを作れば躍動感のある巻き髪アレンジの出来上がり。

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジ

巻き髪する部分を手に取る

巻き髪する部分を手に取る

髪全体に、アイロンで髪を巻いていきますが、最初にサイド部分から髪を巻いていきましょう。写真で持っている髪がサイドの髪になります。

髪を巻く

サイドは上下左右の4ブロックに分けて髪を巻く

サイドの髪を上下のブロックにわけ、上をダッカールで固定し、下のブロックから巻き髪を作っていきます。

髪を巻く時間

髪を巻く時間は、長すぎず、短すぎず

サイドの下のブロックで、更に左右のブロックに髪を分けて片方ずつ髪を巻いていきます。巻き髪を作るコツとして、巻いているときの時間は、短すぎても長すぎてもいけません。

作るヘアスタイルによっても多少時間は変わりますが、今回のヘアスタイルであれば、だいたい3秒~4秒ほどアイロン(コテ)で巻いてあげるといいでしょう。アイロンで巻き髪を作るってのは、時間が短いと巻き髪がきれいにできないし、アイロンで巻いている時間が長いと、髪が痛みやすいので注意ですっ。

髪を巻く前に

髪を巻く前に軽く引っ張るように髪と通す

髪を巻く前には、髪を軽くひっぱるようにしてアイロンで一回通してあげましょう。毛先が整い見た目に美しい仕上がりにできる。

毛並みの整った巻き髪

毛並みの整った巻き髪ができる

この子の髪質がいいてものあるんですが、アイロンで一回髪を通して、巻いてあげるとこれだけきれいな巻き髪ができます。この感じで上の髪のブロックも左右で巻いてあげてください。

バックはまず、上下に分ける

バックはまず、上下に分ける

次にバックサイドの髪を巻きます。バックもサイド同様に上下に分け、上はダッカールで留めます。襟足側のブロックは写真のように4箇所に分けて巻き髪を作ってあげましょう。

バックの下を巻くとこんな出来上がり

バックの下を巻くとこんな出来上がり

4箇所の巻き髪ができると写真のような、クルクルの巻き髪が出来上がります。襟足側のブロックが終わったら次にトップ側のブロックも巻いていきましょう。

つむじの部分だけダッカールで留める

つむじの部分だけダッカールで留める

上のブロックは、更にトップ(つむじ)の髪を写真のように持ってダッカールで留めておきます。

4ブロックに分けて巻いていく

残りを4ブロックに分けて巻いていく

そして、上のブロックも下同様に4つのブロックを巻いていきます。

つむじのトップを巻く

最後につむじのトップを巻く

最後に、先ほどダッカールで留めた、トップ(つむじ)の髪の毛を巻いていきます。巻く方向写真で見ると半時計回りです。つまり後ろに流れるよう巻いちゃってください。

巻くことでふっくら仕上がる

巻くことでふっくら仕上がる

半時計回りで、巻いてあげると写真のように頭にふくらみができ、頭に丸みのあるポニーテールスタイルが作りやすいです。

アイロンで巻いていく

逆サイドもアイロンで巻いていく

最後に逆サイドの髪も最初同様に巻いていきましょう。ココまでこれば後もう少しっ!

アイロンで巻き終わるとこんな仕上がり

アイロンで巻き終わるとこんな仕上がりになります

これがすべて巻き終わったヘアスタイルです。これだけでも十分華やかさがあっていいんですが、ここに遊び心をプラスって意味でポニーテールを作ります。

ワックスを手に取ります

ワックスを手に取ります

まずワックスを適量手に取り、手のひら、手の指先、指の間へのばします。

根元の方から手をいれます

根元の方から手をいれます

今回の巻き髪に対するワックスのポイントは、襟元からワックスのついた手を内側にいれて。。。

広い範囲にワックスをつけます

こきざみに動かして、広い範囲にワックスをつけます

『ワシャー』っと髪がコレだけ揺れるくらいワックスを髪全体に広げちゃってください。

ワックスをつける

ワックスをつけると、こんなまとまりができる

こうやって、内側(根元)からワックスを全体に広げてあげると、写真のように躍動感のある髪の動きが表現できます。

ポニーテールを作る部分を束ねる

ポニーテールを作る部分を束ねる

いよいよ、ポニーテール作りです。ポニーテールの作り方として、ただ後ろ髪をまとめるんではなく、クシのとがってる方を使って 髪の後ろでジグザグに線を引いて、髪を束ねてください。

こんな分け方ができる

クシでなみなみしながらとるとこんな分け方ができる

ジグザグに線を引いて髪をとると、このように髪の分け目がジグザグに出来ます。こうやってジグザクにしてとるとポニーテールを結んだときにバックサイドで髪がはっきり分かれないので、分け目が見えないポニーテールが作れるんです。

ポニーテールを作る

上の方でポニーテールを作る

ポニーテールを結ぶ前に、このように持って髪のボリュームの調整をしましょう。

トップにボリュームをもたせる

トップにボリュームをもたせる

ポニーテールをする時は、基本的に上(トップ)部分の髪をつまんで、少し上に上げる事で、トップにボリュームを持たせます。

ここで一つポニーテールを作るコツのワンポイントアドバイス。このように髪をつまんでボリュームを出す場合、トップのみだけボリュームを持たせるようにしてください。サイドまでボリュームを持たせると、頭がでっかく見えがちになるので注意です。

ゴムで結ぶ

ゴムで結ぶ

自分の思ったとおりのボリュームを持たせたら、ポニーテールをゴムで結びます。

髪に動きを持たせる

結んだ後に髪に動きを持たせる

ポニーテールをゴムで結んだら、最後にヘアスタイルを整えていきます。まずバックサイドの髪を少しつまんでは引き出して動きをつけてあげます。

エアリーな動き

髪をつまんでほどいていってこんな感じに仕上げる

すると、こんなエアリーな動きを出せるポニーテールの完成です。

ヘアスタイルを作っていきます

サイドも同じように髪に動きを出そう

もちろん、サイドの髪も同じように少しつまみながらヘアスタイルを作っていきます。

スプレーワックスでポニーテールをきれいにする

スプレーワックスでポニーテールをきれいにする

最後にポニーテールから少しはみ出ている髪をきれいな面になるよう整えていきます。髪を整えるには、このスプレーワックスが便利です。離れた位置から軽く吹きかけてあげましょう。

クシの先でなでるような感じで

クシの先でなでるような感じで

スプレーワックスをかけたら、くしの先でなでるような感じで、ポニーテールからはみ出ている髪の毛を整えていきます。

髪の面がきれいに仕上がる

髪の面がきれいに仕上がる

すると、先ほどまでワシャワシャと、ポニーテールからはみ出ていた髪の面がきれいになっていきます。

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジの完成

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジの完成

髪の面を整えて、これで巻き髪をプラスしたポニーテールヘアアレンジの出来上がりです。

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジ バック

普通のポニーテールだと単調になりがちな毛先に動きがでて華やかに仕上がります。

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジ バックサイド

ポニーテールを作る時に、クシでジグザクに髪をとったから後ろから見たときも髪の分け目がほとんどわかりません。

ポニーテールで作る巻き髪ヘアアレンジ サイド

ポニーテールを作る時に、トップの髪をつまんでボリュームを持たせる事で、写真のようにトップのみにボリュームを持たせるヘアアレンジができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます
ブックマークなどなど、していただけると励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
PAGE TOP